フェイシャル&ボディ痩身美顔機 Secret Mes(シークレットメス)

エステサロンを開業しよう!必要な資金はどれくらい?

エステティシャンとして経験を積んでいけば、誰しも一度は考える独立・開業。 しかし、多くの方が「開業資金って、結局いくらいるの?」と思うのではないでしょうか。

店舗は賃貸なのか、自宅で開業するために改装をするのか、施術機材はレンタルと購入どちらの方がコスパが良いのか…。少し考えるだけでも分からない事が多くありますよね。

今回は初めてエステサロンを開業するにあたり資金がどれくらいかかるのかお伝えしたいと思います。

コストを抑えるなら断然「自宅開業」

エステティシャンとして経験を積み独立を目指す場合、店舗用の物件をいきなり借りる事はおすすめ出来ません。 初めて開業する場合は断然「自宅開業」がおすすめです。

自宅開業のメリットとして

  • 開業資金、運営費用を抑えられる
  • 営業時間の融通がききやすい
  • 失敗時のリスクが低い

コストを抑えることができ失敗時のリスクが低く、施術機材とスペースさえあれば開業することが可能です。 賃貸料や契約料なども余分にかからず、移動時間もないので交通費も節約できます。

もちろんデメリットもあります。 住所を公開するリスクが発生しますし、自宅外観や立地によっては集客がしづらい点もあります。 自宅の場所によっては事務所をレンタルすべきでしょう。

自宅開業にかかる費用

自宅で開業する場合、開業資金は50~300万円程度かかると言われています。

費用の内訳として

□家賃 0円

自宅開業なので家賃はかかりません

□内装費用 20万円程度

エステに通うお客様は非日常の体験を求めていますので、サロンのコンセプトにあわせて統一しましょう。
高級感・可愛らしさ・清潔さなど客層を想定して揃えると良いですよね。

□エステ機器 10~250万程度

施術内容によりますが、全ての機器を一度に購入することは現実的ではありません。
いくつかはレンタルや中古も検討しましょう。

業務用痩身機はレンタルしても数十万円はかかります。

中古の機器を購入すると初期投資は安く抑えられますが、故障のリスクが高く保険が効かない場合も多く、故障した場合修理に多額のお金がかかるケースもあります。 最悪の場合、購入する場所によってはメーカーの正規品でなく、保証を受けられない可能性があるため注意が必要です。 機能も少ないので追加で別のマシンを購入する事になりかねません。

NBSの「シークレットメス」はラジオ波、キャビテーション、サーマルフラクショナルなど様々な機能があり一人ひとりにあった最適なサービスを提供可能です。 シークレットメスは最新の業務用痩身機なので多機能、高スペック。 施術メニューのバリエーションも豊富で、追加のマシンを購入する必要がありません。

シークレットメスの製品紹介はこちら

サロンシェアも選択肢として有効

もう一つ方法として有効なのが、サロンを経営している知り合いや友人がいれば、スペースの一部を借りて自分のお店をオープンする方法です。

賃貸料は交渉しだいですが、月に1~2万円くらいから借りられる場合があります。 サロンスペースをシェアするメリットとして

  • サロンの空きスペースなので内装済であれば費用が抑えられる
  • 共通備品があればまとめて注文できるのでコストが削減可能
  • もともと人が集まるので集客がしやすい

等が挙げられます。

問題点として先輩オーナーのお店が同業者にならないよう脱毛サロンやまつげエクステサロンなど、すこし業種を変えるなどして共存したほうがメリットも大きいでしょう。

まとめ

今回ご紹介した方法は、初めてサロンを開業するオーナー様向けの方法です。 初期費用以外にもランニングコストや販促費もかかってきますので、開業資金はなるべく抑えてサロン経営が軌道に乗ってから店舗を借りるべきでしょう。

【参考記事】本体価格以外のランニングコストとは?

CONTACT

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

Tel.0120-003-806

営業日時/10:00〜18:00(土日祝除く)

CONTACT

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

Tel.0120-003-806

営業日時/10:00〜18:00(土日祝除く)

SCROLL